うつわと暮らしの雑貨 なかうえ

カテゴリー
商品検索

おすすめ商品
売れ筋商品



Check

うつわと暮らしの雑貨 なかうえ

夜長堂(井上タツ子)

1975年大阪生まれ。
フリーのイラストレーターとして活動後、日常生活丸ごとを表現活動と考え、アートワークの一つとして夜長堂をスタート。
店舗を持たず、古道具のバイヤーとして活動しながら、多様な企画イベントを開催。
大正から昭和にかけてのモダンな図柄を生かし、ペーパーアイテムや布小物が商品化されています。

正木 渉(まさき わたる)

1974 愛知県に生まれる
1999 武蔵野美術大学建築学科卒業 南山陶苑入社
2001 愛知県半田市に築窯、現在に至る

アーティスティックな器ですが、お料理好きの正木さんがつくられているからでしょうか、見た目以上に普段使いしやすいうつわです。

諸岡桂子(もろおか けいこ)

1976 三重県に生まれる
1999 京都市立芸術大学工芸科卒業
2001 京都市立芸術大学大学院 陶磁器専攻終了
2001 陶磁器デザイン工房入房
2005 独立 愛知県半田市にて作陶

関 美穂子(せき みほこ)

1980年横浜生まれ。
2000年より型染作家の堀江茉莉氏に師事。現在は堀江氏の助手を務めながら京都で創作活動中。
型の切り抜かれた部分に糊を置き、糊の置かれていない部分に色をいれ、そのあとに水で洗うと、糊は流れて絵柄だけが和紙に残る、という型染め。
型染めを用いて、色とりどりの関美穂子さんの作品が生まれます。

mitsou(ミツ・奥村 麻利子)

1973年福岡県生まれ。
布小物作家。
イラストレーターとして、雑誌広告などで活躍。
布小物のデザインを手がけられています。

gi(ギー)

1788年に12歳の井上伝さんから始まった久留米かすり。
2006年からgiはその伝統の「かすり」を使ってシンプルだが、温かさや柔らかさを感じ取れる服や小物を作られています。
昔ながらの「かすり」が、giによって新しく生まれかわります。

多鹿治夫鋏製作所

1939年創業。
1990年兵庫県技能顕功賞受賞。
鉄から成型し砥いでいくという昔ながらの手法で一丁ずつ丁寧に作られています。

木花染め sasa

京都で草花を染めて、作品づくりをされているsasaさん。
自然の恵みからつくられるsasaさんの色は心を動かされます。